11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

ouchi-photoのブログ

愛媛県松山市のカメラマン 中村 誠二のブログです

花見弁当撮影 

今日は花見弁当やお花見宴会料理の撮影でした。まだ年が明けたばかりですが、広告の業界では春に向けた撮影が始まっています。
このようなライティングで撮りました。今回は天トレはせず、シンプルにシズル感を出せるようなライティングにしました。この形を基本に、手前と奥のストロボの光量比を変えたり、手前のライトの位置を前後したりしてシズル感を調節します。昔は部分的に暗くなった箇所は小さな鏡で起こしたりしていましたが、最近はあまりそういうことはせず、現像時の画像処理で起こすようにしています。

ストロボは最近導入したトキスターのモノブロックストロボe-Light m200Ⅱです。200Wですがこのような撮影では十分な光量で、フル発光にすることはありませんでした。トキスターを選んだ最大の理由はプリ発光に対応していることです。これならST-E2をトリガーにしてワイヤレス撮影できるのではないかと予想してたのですが、ドンピシャビンゴでした。今日初めて仕事で使いましたが、スレーブをプリ発光対応のモードにしておくと2灯とも一度のミスもなく同調してくれました。(ご注意!その後のテストでEOS 40Dでは問題なく同調するものの、5D Mark IIではなぜか同調しないことがわかりました。)

奥のディフューザーは以前玄光社で販売されていたもので、ソフトライトボックスのディフューザーと同じ生地でできています。3×6の大きさがあり大変重宝していますが、残念ながら現在は販売されていないようです。左のソフトライトボックスはSD写真電気工業の65cm角のタイプ。こちらも傘のようにワンタッチで開くので大変重宝しています。

ここでもサンテックのマルチクランプが大活躍です。横穴にも上の穴にも取り付けられるので、このディフューザーならどのような角度にでも張ることができます。(上の写真は横穴に取り付けています。)

この記事に対するコメント

おはようございます。

もう、春のお花見弁当の撮影をしているんですね。料理の商品撮影は、
写真を見て、食べてみたいと思わせるテクニックですね。

そのあたりが、プロカメラマンの腕の見せ所だと思います。

ところで、撮影後のお弁当、試食したんでしょうか? (笑)

URL | た~ちゃん #79D/WHSg

2010/01/08 08:05 * 編集 *

こんにちは。
撮影後にお料理をいただくことはよくあるのですが、残念ながら今回はなかったです。(笑) 撮影用に味付けをしてないなんてこともたまにありますが、今回はどうだったのかな。

食べろと言われても大概中途半端な時間なのでそれはそれで困るんですけどね。(お昼や夕飯時に撮影はしませんから。)

URL | st-nature #79D/WHSg

2010/01/08 15:11 * 編集 *

「e-Light m200Ⅱ」良いですね。でも高い(笑)
玄光社のディフューザー、廃番なんて残念ですね。
マルチクランプ、こういう場面でも活用とは、発想力が物を言うんでしょうね。なかなか思いつきませんでした。
私もトライしたいと考えていたのですが、問題はディフューザーを取り付けるバーがどんなものか気になりますが、「IC トレペアーム」か「ICレフアーム」で・・・かな?

URL | tetsu_yan #79D/WHSg

2010/01/21 17:58 * 編集 *

tetsu_yanさんこんばんは。玄光社のディフューザーですが、取り付け部はL字型になっていて、アンブレラホルダーの横穴に差し込んでいます。12mm径のアルミパイプなら直接差しても使えるので、高い位置に張りたいときにはパイプを交換して使ったりもします。今回の撮影のように低い位置に張らないといけないときは標準のパイプを使います。(分かりにくいかな・・・)

「e-Light m200Ⅱ」は電塾でおなじみの鹿野さんのところ(株式会社Lab)で送料・代引き手数料・税込1個5万円で買いました。この価格は去年までの特別価格でしたので、ギリギリセーフでした。

URL | st-nature #79D/WHSg

2010/01/21 19:22 * 編集 *

モノブロック、欲しい欲しいと思いながら買いそびれてしまいました。某国製の1万円以下の物に冒険しようかどうか考えています。
ソフトライトボックス、SD社のは良いですね。傘のようにパッと開くのは魅力です。
一般的にはスピードリングに一本一本差さないと。
で・・・例のクリップストロボ用のソフトボックス、なかなか良いんですが、レフ板のようにねじって丸めるのですが、いつもモタモタしてしまいます。結構硬いのと、スクエアな物を対角線上に折ると三角形に・・・どうやったら丸く収まるのか(笑)
ディフューザーボックスを畳むよりも大変です。

URL | tetsu_yan #79D/WHSg

2010/01/23 17:43 * 編集 *

実は私たちの仕事でもクリップオンでいける仕事がかなり多いのです。(^_^; ただ、料理撮影のようにモデリングランプで確認しながらライティングを作りこんでいくときや人物全身を撮るときは(光量的に)クリップオンではツライかな。あとは見栄ですね。(^_^; クリップオンではお金がもらいにくい・・・なんてこともあります。

クリップオン用のソフトボックス、そのうちに買いたいと思ってます。もの自体は悪くないですか?

URL | st-nature #79D/WHSg

2010/01/23 19:08 * 編集 *

確かにクリップオンを含めてモデリングがないときついでしょうね。
ジージー言いながらクリップオンで光を見るのは、ストロボの寿命を縮めてしまうのではと思うと、こちらの寿命も縮む思いです。
そんなわけで定常光としてのSDの蛍光灯ソフトボックスに興味を持ったのですが。

クリップオン用のソフトボックス、私には使いやすいと感じています。
小さいタイプだったら、補助光としてあっちこっちにバウンスさせるか、被写体の後ろに隠すのもありかも・・・です。

URL | tetsu_yan #79D/WHSg

2010/01/23 19:44 * 編集 *

クリップオンのモデリングはほんの一瞬ですから、あれでライト作り込むのはまず不可能ですよね。蛍光灯ライトは周囲が完全に真っ暗になるなら最高のライティングシステムなんですが、ロケではなかなかそういう環境がありませんから私はまだ買ってません。興味はあるんですけどね。(^^)

クリップオン用のソフトボックス、買うなら40cmか50cmの小さいのかな。アクセントライトに使いたいです。情報ありがとうございます。

URL | st-nature #79D/WHSg

2010/01/23 23:03 * 編集 *

ご無沙汰しております。
「e-Light m200Ⅱ」を眺めていたら、「プロ機材・ドットコム」さんで発売されている新型のアンブレラホルダが「e-Light m200Ⅱ」の物かなと・・・
以前も似たような形で発売されていた物があっただけにちょっと気になりました。
締め付けの感じはいかがでしょうか?
傘の芯にストロボ光が当たらないのは、自由雲台を使用するかどうかは別にして・・・
サンテックの「ICニューアンブレラホルダー改」も締め付けは良いんですが、微妙な位置決めが決めにくくて。

URL | tetsu_yan #79D/WHSg

2010/02/04 21:57 * 編集 *

プロ機材さんの新型アンブレラホルダは以下の物ですが・・・
http://www.prokizai.com/cart/cart.cgi?log=GUH&from=20

URL | tetsu_yan #79D/WHSg

2010/02/04 21:58 * 編集 *

完全に同じものじゃないことは間違いありませんが、クリップオン取付部やダボ部分意外は同じものかもしれませんね。これは値段も安いしいいかも。(^^)

e-Light m200Ⅱのホルダー部分はコメットのそれと同じものですので、締め付け問題なしです。

ただ、私はバック紙やディフューザーを垂らすのにも使うので、やっぱりフォトフレックスやサンテックのマルチクランプじゃないとダメですね。大きさや重さなど、欠点もありますが、他の用途も考えると私はこれがいちばんです。なので、あるうちにと、すでに4つも購入してしまいました。(^^ゞ

URL | st-nature #79D/WHSg

2010/02/05 00:45 * 編集 *

TAKEさんの「TKミニライティングホルダ」の新作待ちだったのですが、どうやら試作品が届いていないので期待薄です(笑)

e-Lightのホルダー部分がコメットの物と同じとか・・・
クリップオン取り付け部がしっかりしていそうなので、これは買いかな?

マルチクランプ、おっしゃる通りに「マルチ」ですね。
バック紙とディフューザーがなくなってしまったので、合わせて買ってみようかなと。

体調も「グレー」に近い「シロ」だったので、気持ちを切り替えて前向きに進んで行こうと思っています。

URL | tetsu_yan #79D/WHSg

2010/02/05 09:17 * 編集 *

とりあえず「シロ」ならよかったですね。\(^_^)/

プロ機材さんのホルダーは「買い」だと思いますね。値段も安いししっかりしてそう。あくまで写真で見た感じですが今までで一番のような気がします。

フォトフレックスのマルチクランプはアンブレラを締め付けるネジのメス側がプラスチックなので、いつまで持つかわかりません。私はすでに一つねじ切ってしまってます。(^_^; とりあえず板ナットを穴に入れて使えるようにはしましたが・・・。

サンテックのこれ↓
http://suntechinc.co.jp/shopdetail/009000000007/order/
もアクセサリーシューを付ければいい商品だと思いますが、値段がね~。あと、アンブレラの芯が8mmまでしか対応してないのが私には×だったです。

URL | st-nature #79D/WHSg

2010/02/05 09:42 * 編集 *

プロ機材さんのホルダー、300gだそうです。
若干重めでしょうか・・・
TAKEさんの「TKミニライティングホルダー」
http://www.take-online.jp/shopdetail/091005000002/
これならマルチクランプに代わるものになるかも・・・
ただ・・・三脚に付けられないし、スタンドもメスじゃないと・・・


URL | tetsu_yan #79D/WHSg

2010/02/05 16:37 * 編集 *

プロ機材さんのは重いけど多分しっかりしてそうですね。おそらくコメットやトキスターのホルダー部と同じなのでしょう。ただ、同じだとするとアンブレラとストロボに角度がついてないので、自由雲台等が必要になってくるかもしれませんね。ただこれを付けるとかなり上から照射するようになったり、それを防ごうとすると傘に近くなって傘全体を照射しにくくなるんじゃないかと思います。

これはテイクさんのも同じことが言えると思います。なかなか「コレ」というモノがないですね。

URL | st-nature #79D/WHSg

2010/02/06 00:48 * 編集 *

プロ機材さんのサイトを見ていたら、他の物が欲しくなってしまいました(笑)
撮影しているよりも、機材ばかり眺めていてはいけませんね(笑)
困ったものです・・・
こんなのとか・・・
http://item.rakuten.co.jp/prokizai/c/0000000182/
こんなの・・・
http://item.rakuten.co.jp/prokizai/bg-666/
デジカメどっとこむさんのこんなの・・・
http://www.rakuten.co.jp/dejicame/1870878/1870992/

そろそろ「遺作」の作成か(笑)

URL | tetsu_yan #79D/WHSg

2010/02/07 12:23 * 編集 *

いろいろ物欲をそそるものがありますね~。でも私は誘惑に負けませんよ~。なんて言いながら最近ストロボやソフトボックスなど買ってますけど・・・。(^_^;

私はバック紙の設置は(最近は)スタンド2本にマルチクランプ、ダイソーでかったツッパリ棒(120~190cm)の組み合わせです。スタンドのダボ受けに横穴の開いたタイプならマルチクランプも必要ありません。ライトンブームは持っていますが、最近はなるべくそれが必要ないようなライティングを心がけてます。おもりを持っていくのは億劫ですからね。

URL | st-nature #79D/WHSg

2010/02/08 19:52 * 編集 *

物欲そそる物、たくさんありますよねぇ。
そろそろ気分も落ち着いてきたので、例のクリップオンストロボ用ソフトボックスのレビューをしないといけませんね。

近所にダイソーのような格安ショップもなく、増して加工技術がないので改造もなかなかできません。
ライトスタンドは「オス」のみのスタンドしかないのでどちらにしてもマルチクランプ同等品か、ライトブームがあれば・・・

「レフ&バックペーパーキャッチャー」はその名の通りに両用で使えるので便利そう。
「ライトブームミニ」はトレペー掛けとか、バックペーパー用にも良いかなとも。例のクリップオンストロボ用ソフトボックスにも使えるかどうかも気になる存在です。
「スモールバックグランドサポート」もスモールとは言え、少々大きめですが、バスタオル掛けを使っていた私には撮影範囲が広がりそうです。合わせてアウトレットのバックペーパーSPホワイト白130cm巻きが欲しいです(笑)

URL | tetsu_yan #79D/WHSg

2010/02/08 22:43 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→https://ouchiphoto.blog.fc2.com/tb.php/51-826cb8a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top